社長の役割

社長はその会社のトップであり、最高経営責任者としての顔もあり、その役割は多岐に及びます。中小企業であれば、自ら営業マンとなり、別の会社に売り込みを図ることをすれば、自らが現場に立ち、従業員に指示を出すこと、そして、経理として会社の経営に関するチェックを行い、従業員の管理をすることになります。社長に求められる役割はこのようにその規模に応じて変化します。

一方、会社は2代目以降の社長がつぶしやすいという傾向があります。これは苦労を知らず、思ったようにやった結果、社員との意思疎通に齟齬が生まれ、段々と方針が異なっていき、最終的には人望をなくし、経営者として失敗するという構図です。同時に、そこまでの過程において創業者でもある前の社長が人材を育てず、自分の力だけでやっていたために起きているとも言われています。このことからある時期を境に後継者を育てることも大事になります。後継者としては、創業時から一緒に叩き上げで頑張ってきた戦友ともいうべき社員か、それとも社長の息子にするか、どちらかで悩むところです。しかし、どちらであっても事前の準備をしておけば台嬢です。社長の息子に継がせる場合には早々に社員として働かせ、様々な部署で経験を積ませることが求められます。最初は現場を知り、現場の中で経験を積み、そこから幹部候補生として会社の経営という立ち位置から経験を積ませることになります。従業員の視点に立った考え方と経営者の視点に立った考え方は全く異なります。そのため、最初から経営者の視点に立たせるのではなく、従業員として働き、そのあとで経営者の考え方を学ばせた方が社長としての器量は大きくなります。

多くの場合はいきなり社長としての器量があったわけではなく、現場で頑張り、規模を少しずつ拡大していったためにそうなっているケースがほとんどであり、いくつかの時期を経て今の会社があります。そうした成り立ちに合わせた人材を社長として起用することが大切です。